メニュー

本当のリスクは2次障がい!?

本当のリスクは2次障がい!?

発達障がいを疑われるお子さまの本当のリスクは「生きづらさ」からくる自己肯定感の低下!
他者との関わりを持つことに不安を感じてしまい、不登校の原因になってしまう事も…!
お子さまに合わせた治療や教育をする「療育」で、自己肯定感を高めていきましょう。

自己肯定感が下がりやすい環境

発達障がいを疑われる子どもたちは、周りからの叱責や誤解によって自己肯定感が下がりやすい傾向にあります。

自己肯定感の低さが不登校の原因に

小学生も中学生も、無気力・不安が不登校の原因の半分を占めています。

自己肯定感が低いとこんな状態に

自己肯定感の低さは、人と関わることや挑戦することに消極的になったり精神疾患の原因にもなってしまいます。

療育で予防・軽減しよう

療育とはその子の特性に合わせた治療と教育のことです。

医療機関や放課後デイサービスなど様々な方法で療育を受けることができます。

療育手帳がなくても大丈夫

自治体によって違いはあるものの、医師から支援の必要性有りという意見書をもらい、自治体で「通所受給者証」をもらいましょう。

その他の支援制度がある!

市町村の窓口に問い合わせを行い、支援制度に関するアドバイスをもらいましょう。

「療育」ってどんなものがあるの?

療育にはその人の特性に合わせた色々な方法があります。

すぐに療育を行うのが難しい人は?

様々な理由ですぐに療育を始めることができない場合は、お家でできるプチ療育から始めてみましょう。

 

SNSでも情報発信中!